テクニカル資料のダウンロード

無題ドキュメント
テクニカル資料のダウンロード
製品紹介ビデオ
テクニカル資料:
■ 情報配線の試験要領書 (Rev D)
情報配線の試験容量書 LAN 配線には、確実な信号伝送を保証するための性能が規格によって決められています。そして、施工配線は、規格に定める性能要件を満たしているか試験 (測定) を行う必要があります。
 本書では、規格の概要や施工後の測定方法をご紹介し、LAN 配線工事仕様書作成における試験項目の作成に手助けとなる実務的な情報を提供します。
■ メタル/光ファイバー配線測定の用語集
情報配線の試験容量書 ネットワークの世界は、専門用語がたくさん登場し、その意味を1つずつ理解するのも大変です。
 本書は、ネットワークの工事に携わる方々に便利な、メタルおよび光ファイバー・ケーブルの敷設や試験に関係する用語集をまとめました。
 さらに LnikWare PC ソフトウェアのレポートの簡単な解説も含まれております。
ダウンロード・ボタン
■ IT インフラの基礎を支えるケーブル配線システムの重要性
 IT インフラの基礎を支えるケーブル配線システムの重要性 LAN 配線の性能はコネクタとの接続やケーブルの引き回しなどによっても変化する。そのため、作業者の技量や施工環境によっては、規格が定める性能を下回ることがあります。
 LAN 配線を適正に構築するために技術者が知っておくべき規格や試験方法、テスターの使い方等の基礎知識、最新の規格動向を分かりやすく解説します。
ダウンロード・ボタン
■ JEITA LAN 配線ガイド - トラブルシューティング編
「目次、および初めに」抜粋版 
JEITA LAN 配線ガイド - トラブルシューティング編 本書では、情報配線システムの設計・施工・施工管理および、発注時に予想されるトラブルを、事例を交えて解説すると共に、最新情報配線システムの標準規格、不具合の要因、フィールドテスタを使用したトラブルシューティング技法をまとめています。
注記:この「目次、および初めに」抜粋版は、JEITA (一般財団法人 電子情報技術産業協会) より承認を得て配信しております。全文は JEITA ホームページよりご購入することができます。手順の詳細は、こちらからご覧になれます。
ダウンロード・ボタン
■ NBASE-T 2.5G / 5G イーサネット・テクノロジー
NBASE-T 2.5G / 5G イーサネット・テクノロジー 企業ネットワークの大半は、1000BASE-T イーサネットに頼ってきましたが、主要テクノロジーとして存在し続ける時間はなくなりつつあります。
 1Gbps 超の速度に対する需要に応えるため、NBASE-T Alliance は、IEEE の策定プロセスと並行・協力して、標準化前の仕様および製品の開発に取り組んでいます。
ダウンロード・ボタン
■ NBASE-T のパフォーマンスおよび ケーブリングのガイドライン
JEITA LAN 配線ガイド - トラブルシューティング編 NBASE-T Alliance は、企業ネットワークの既設のカテゴリー 5e ? 6A メタル線を使用した、100 メートルで最大 2.5 および 5 Gb/sの速度を実現する PHY 仕様を発表しました。
 本書では、NBASE-T™ の実装を考えている方向けに、ケーブルの評価、予想されるパフォーマンス等について説明します。
ダウンロード・ボタン
■ データセンターおよび企業ネットワーク基盤を支える光ファイバー配線システムの重要性
データセンターおよび企業ネットワーク基盤を支える光ファイバー配線システムの重要性 今日の光ネットワークは広い帯域幅を必要とし、伝送速度が 40 ~ 100 Gbps へと高速化するのに伴い、光配線に要求される損失バジェットはこれまでになく厳しくなっています。
 本書は、最近の配線規格動向ならびに市場動向、配線性能要件、ケーブル品質の認証と効率的なトラブルシューティングについて解説します。
ダウンロード・ボタン
■ カテゴリー 8 ケーブル・テスト - FAQ
カテゴリー 8 ケーブル・テスト - FAQ カテゴリー 8 規格が承認されました。IEEE 25GBASE-T と 40GBASE-T をサポートする最新の対撚り線配線システムに関する一般的な質問をまとめました。
 2 GHz 帯域、30 m 長 で仕様化された Cat 8 は、新たに出現した 25 および 40 Gb/s が求められるデータセンター・エッジの用途に焦点が当てられています。
ダウンロード・ボタン
■ LinkWare Live テクニカル・データ
LinkWare Live テクニカル・データ テスターによるケーブルの性能試験や品質テスト。その結果は作業報告書に添付され、品質を顧客に提示することが必要不可欠です。
 しかし、現場で行ったテスト結果が迅速に把握できないなど、試験環境に課題を感じている工事管理者の課題に役立つのが「LinkWare Live」と呼ばれるクラウド・ソリューションです。
ダウンロード・ボタン
■ LinkWare Live のご利用方法
LinkWare Live のご利用方法 LinkWare Live を利用することにより、テスター本体やメモリーをオフィスに持ち帰ることなく測定結果を現場から瞬時に転送することができます。
 本書では、クラウド経由で Versiv 測定データを PC へ送信したり、設定情報を会社の PC から現場の Versiv に転送が可能な LinkWare Live の使用方法を説明します。
ダウンロード・ボタン
■ ケーブル試験のトラブルシューティング・ツール・ガイド
ケーブル試験のトラブルシューティング・ツール・ガイド ケーブル・テスターには、「認証試験」用テスターの他、低価格で試験目的と試験要件レベルを「配線伝送性能」や「導通確認」などの必須項目に絞り込んだミッドおよびローエンドのケーブル・テスターがあります。
 本書はこのようなテスターの紹介、基礎知識、選択指針、トラブルシューティング手法について紹介します。
ダウンロード・ボタン
トラブルシューティング・ガイド:
■ メタル配線トラブルシューティング・ハンドブック
障害診断のノウハウがご覧いただけます。
ケーブル試験のトラブルシューティング・ツール・ガイド フルーク・ネットワークス DTX-1800 の障害診断機能を活用すれば、これまで試行錯誤に頼っていたトラブルシューティングの時間を大幅削減可能です。
 このハンドブックは、DTX ケーブルアナライザーを使い、高度なトラブルシューティングを通じて、生産性を高め、高い付加価値を得るための指針を提供します。
ダウンロード・ボタン
■ 光ファイバー情報通信配線の試験とトラブルシューティング・ガイド
ケーブル試験のトラブルシューティング・ツール・ガイド バックボーン配線を始めとする高速光ファイバー配線は増大する帯域をサポートするため、厳しい性能が要求され、損失規格に配線性能を適合させることは、大きな課題となりつつあります。
 このガイドは、配線性能要件、試験方法、認証試験とトラブルシューティング、ならびに使用すべき測定器の概要について解説します。
ダウンロード・ボタン
ホワイト・ペーパー:
メタル/光ファイバー配線関連

■ Versiv へのアップグレード、その 5 つの理由:コスト削減
Versiv へのアップグレード、その 5 つの理由:コスト削減 DTX ケーブルアナライザーは、世界で最も普及した LAN ケーブル・テスターとして実績を残しました。今では伝説として語られるほど、フルーク・ネットワークス製品は耐久性と信頼性を持つ事から、今後も使用し続けたいと望まれる方もいるかもしれません。
 しかし、残念ながら将来、それが極めて高くつくことになるかもしれません。
ダウンロード・ボタン
■ パッチコード試験と DSX-5000 用パッチコード・アダプター
パッチコード試験と DSX-5000 用パッチコード・アダプター エンド・エンド間の伝送を通信エラーなく行うためには、配線インフラ機器に直接接続するパッチコードにも、厳しい性能が求められています。
 本書では、パッチコード試験の重要性とその要件および試験の生産性向上のための手順と結果レポート、および不合格になった場合のトラブルシューティング手法についても解説いたします。
ダウンロード・ボタン
■ ケーブル認証試験: これまで以上に重要な 6 つの理由
ケーブル認証試験: これまで以上に重要な 6 つの理由 ネットワーク・インフラを健全に稼動するようにメンテナンスしていくことが IT 部門に求められています。これらにはメタル配線や光ファイバー配線が含まれ、重要な基盤となっています。
 本書では、ネットワーク・オーナーにとっての具体的なケーブル認証試験のメリットとそのコスト・メリットについて説明します。
ダウンロード・ボタン
■ ツイストペア配線による 10 ギガビット/秒イーサネット試験の課題
エイリアン・クロストーク(AXTalk) への対応に有効な設置および試験に関する新しいガイドライン
ツイストペア配線による 10 ギガビット/秒イーサネット試験の課題 ツイストペア銅線上の 10 ギガビット/秒イーサネット(10GBASE-T) 標準は、依然として開発段階にあります。ここ数ヶ月間に数多くの問題や要件が定義される中、この標準は 2006 年半ばには公表される予定です。
 本書では、ツイストペア配線要件の概要と、敷設済み配線システム性能の測定および認証方法について説明します。
ダウンロード・ボタン
■ 複雑・多様化する認証試験作業を効率よく進めるためには
複雑・多様化する認証試験作業を効率よく進めるためには もしも、配線インフラが稼働しなかったら、すべてが稼働しません。そして、身の回りにある技術と同じく、配線インフラ技術は常に変化しています。
 この変化、すなわち敷設や認証における技術の高度化に気を配らないと、結果的には事業として収益率の改善やその継続性において苦労することになるでしょう。
ダウンロード・ボタン
■ ケーブル敷設の利益を向上するには?
ケーブル敷設の利益を向上するには? ここ 25 年の認証用テスト・ツールの技術的進歩により、配線敷設業者は、テスト時間の削減による認証コストの低減などの大きな利益を享受しています。
 しかし、ケーブルのテスト・プロセス改善の急進展により、敷設業者はテストやレポート作成問題に取り組む時間を 50 % 短縮し、全体の利益幅を最大 10 % 増加させることができます。
ダウンロード・ボタン
■ OTDR によるデータセンターの光ファイバー配線管理
OTDR によるデータセンターの光ファイバー配線管理 OTDR を選定する際に知っておくべき重要なパラメーターについて、理解を深めていただくことを目的としています。
 光ファイバー配線の信頼性を確保するには、さらに高精度かつ高速の測定手法が必要です。適切な機器を選択すれば、試験要件を満たすだけでなく、作業効率の向上、信頼性と価値を高めることもできます。
ダウンロード・ボタン
■ 光ファイバー・インフラへの素早い洞察
光ファイバー・インフラへの素早い洞察 光ファイバー配線の敷設は、メタル配線を扱う場合よりも、現場の作業者や技術者により細心の注意を要求します。
 OTDR (光パルス試験器) は、企業やデータセンター環境で、日常的に使用されてはいません。しかし、必要になると、その解決に極めて大きなコストを費やす必要がある、重大な問題の特定に使用されます。
ダウンロード・ボタン
■ エンサークルド・フラックス:現実、あるいは架空の話なのか?
エンサークルド・フラックス:現実、あるいは架空の話なのか? EF (エンサークルド・フラックス) のもたらす恩恵は、EF 励振条件の実施に関する事実上の配慮点を規定する TIA-TSB-4979 規格の刊行に伴い、その傾向は引き続き増加する可能性があります。
 この記事では、EF エンサークルド・フラックス手法とこの手法の実施上の配慮点に関する考察について説明します。
ダウンロード・ボタン
■ より効果的な結果管理によるコストの削減
より効果的な結果管理によるコストの削減 世界中の敷設業者を対象とした調査では、1 ヶ月に平均 1,026 リンク設置をしたという回答が得られ、これを 1 つのレポートにまとめるという作業はコスト面で多くの部分を占めます。
 別の調査では、敷設業者の 77% が 1 ヶ月に結果管理の問題点に対処する必要があったと回答しています。これらの問題点を解消するにはどうすれば良いのでしょうか?
ダウンロード・ボタン
■ エンサークルド・フラックス:規格化委員の視点
エンサークルド・フラックス:規格化委員の視点 エンサークルド・フラックスに適合した光源は、正確な励振状態を生成する唯一の光源ですが、この正確な励振状態を達成することは容易ではありません。
  この記事では、エンサークルド・フラックスの誕生から採用、実装まで、過去 10 年間にわたって励振状態がどのように進化してきたかを説明します。
ダウンロード・ボタン
■ BIMMF ケーブル試験のノウハウ:EF の必要性
BIMMF ケーブル試験のノウハウ:EF の必要性 曲げに強い 50 μm 曲げ不感マルチモード光ファイバー (BIMMF) は、曲げ耐性のないマルチモード光ファイバーと比較して信号損失を大幅に低減します。
 メーカーによって提供されたデータでは、BIMMF のテストには特定の種類の励振が必要です。この励振条件がエンサークルド・フラックス (EF) です。
ダウンロード・ボタン
■ 直流抵抗のアンバランス試験:PoE システムのための簡単かつ低コストな保険
直流抵抗のアンバランス試験:PoE システムのための簡単かつ低コストな保険 IEEE によるギガビット・イーサネット (1000BASE-T) とパワー・オーバー・イーサネット (PoE) は、これまで以上に水平 LAN 配線環境にギガビット・イーサネットと多くの PoE 機器の導入や計画がなされるまでに至りました。
 一方で、PoE 接続における直流抵抗アンバランスは、大きな問題を引き起こす可能性があります。
ダウンロード・ボタン
■ OTDR 双方向試験が必要な理由と正しいテスト方法
OTDR 双方向試験が必要な理由と正しいテスト方法 光ファイバーを敷設する工事業者と管理者は、OTDR ばかりでなく光損失測定の機能を持つテスターを入手する機会があります。 その一方で、どのテスターを選び、必要な機能はなにかといった議論が繰り返されています。
 「正確に測定を行う」には、コードと被試験リンク間の双方向試験を実施する必要があります。
ダウンロード・ボタン
■ 規格に準拠した認証と最適手法の適用による光ファイバー端面清浄度確認が、光ファイバー障害の 1 番の原因を排除
規格に準拠した認証と最適手法の適用による光ファイバー端面清浄度確認が、光ファイバー障害の 1 番の原因を排除 光ファイバー端面の検査と清掃が、光ファイバー障害の最も推奨される解決策とされています。 しかし、依然として接続部の汚れが光ファイバー測定の問題やテスト不合格の 1 番の原因となっています。
 端面の検査と清掃を予防的に行って、アップタイム、パフォーマンス、信頼性を確保することが重要になっています。
ダウンロード・ボタン
■ データセンターの 25G および 40G Ethernet で主要な役割を果たす配線規格 Cat 8
データセンターの 25G および 40G Ethernet で主要な役割を果たす配線規格 Cat 8 Cat 8 は、2 GHz までの帯域をサポートし、データセンター等における最大 30 m までの Ehternet に使用されます。
 配線テスター・メーカーは、Cat 8 配線の実際の現場での試験と検証の実施、ユーザー保証を敷設工事業者が配線メーカーから得られる Cat 8 フィールド・テスターを発表することでしょう。
ダウンロード・ボタン
■ MPO 構成 による光ファイバー配線試験方法の解説
MPO 構成 による光ファイバー配線試験方法の解説 MPO コネクターで成端された光ファイバー配線の減衰量測定方法は、TIA または ISO/IEC 規格で明確に規定されていません。ケーブルは、ピンありまたはピンなし MPO プラグで成端することもできます。
 この記事では、さまざまなケーブル配線構成のテスト方法について 5 つの手順を示します。
ダウンロード・ボタン
■ Cat 6A パッチコードの測定結果について
Cat 6A パッチコードの測定結果について ケーブル認証ツールを使用してカテゴリー 6A パッチコードを測定すると、パッチコードのフィールド試験結果が不合格であったり、アスタリスク記号 (*) 付きの測定結果が表示されたりすることがあります。
 この記事では、結果にばらつきが生じる原因を説明し、この状況が発生した場合に取るべき対応を解説します。
ダウンロード・ボタン
■ 最適化された高電力 PoE ケーブル配線システムの設計およびフィールド・テストにおける検討事項
最適化された高電力 PoE ケーブル配線システムの設計およびフィールド・テストにおける検討事項 電力とデータを同時に送る、パワー・オーバー・イーサネット (PoE) の活用が増加、企業は、電力効率の優れた PoE システムや機器を導入しようとしています。
 フルーク・ネットワークス、Legrand 社、Superior Essex 社が提携し、IEEE 802.3bt の直流抵抗要件に対応した規格適合製品が開発されました。
ダウンロード・ボタン
■ オーディオ/ビデオ (AV) ケーブル配線時の考慮点
オーディオ/ビデオ (AV) ケーブル配線時の考慮点 ビデオ・ストリーミングやビデオ会議からデジタル・サイネージ、コンテンツ共有まで、アプリケーションの多くが、HDBaseT を活用する一方で、IP)ベースのビデオを利用しているアプリケーションもあります。
 これらの構内情報配線を構築するにあたって、最適な試験の適用方法を把握しておくことが重要です。
ダウンロード・ボタン
■ 校正標準:ケーブル・テスターの確度保証と所有価値の最大化
校正標準:ケーブル・テスターの確度保証と所有価値の最大化 年 1 回のテスター校正時期のご案内をお届けすると、「テスターには調整が必要な可動部品がないのに校正が必要なのだろうか?どのような方法で校正されるのだろうか?本当にテスターを校正してもらう必要があるのだろうか?他の校正ラボに送った方が早く校正してもらえるのではないだろうか?」と思われるかもしれません。
ダウンロード・ボタン
■ ファイバー試験方法の解説:基本に立ち返る
ファイバー試験方法の解説:基本に立ち返る 光ファイバーの減衰量の測定に光源と光パワー・メーターを用いた LSPM 法は、数多くの規格で文書化されています。リンクとチャネルの減衰量は、規定された手順を使用して測定されますが、試験方法は分かりにくい場合があります。
 本記事では、各種の試験方法をいつどのような時に使用すべきかを明確にします。
ダウンロード・ボタン
■ データ・センターのテストのエリアと対象
データ・センターのテストのエリアと対象 データ・センターは、企業にとって情報送信、アクセス、保管を可能にしてくれるネットワークの中核を成します。
 企業 LAN はケーブル配線によりスイッチ、サーバー、ストレージ・エリア・ネットワーク、およびすべてのアプリケーション、トランザクション、通信をサポートするその他のアクティブな機器に接続されています。
ダウンロード・ボタン
■ 光ファイバーのトラブルシューティング
光ファイバーのトラブルシューティング 光ファイバー・リンク内の問題はさまざまな原因で発生します。一般的な原因は、不適切なフィールド成端処理によるエア・ギャップ、高挿入損失、コネクター端面の傷、欠陥、汚れです。
 配線システム設計が、リンクの挿入損失や性能問題の原因となることもあります。コネクター数が多いと損失値が仕様を超える場合があります。
ダウンロード・ボタン
■ SYSTIMAX® 高速移行ソリューションのためのテスト戦略
SYSTIMAX® 高速移行ソリューションのためのテスト戦略 帯域幅拡大に対する爆発的な需要により、より速いデータ転送、より低い遅延要件、そしてまだ誰も予測していない将来の変更をサポートするべく、データ・センターは常にネットワーク・インフラの見直しを強いられています。
 しかし、「言うは易し行うは難し」なのです。
ダウンロード・ボタン
■ 産業用イーサネット・メタル配線規格と試験
産業用イーサネット・メタル配線規格と試験 イーサネットの物理層に基づいた産業オートメーション技術は、コスト削減と相互接続の簡素化を実現する、今日最も急速に発達している技術です。しかし、工場現場は特殊なため、イーサネット環境は新たな課題に直面しています。
 正しい知識と適切なツールがあれば、この技術の利点を活用することができます。
ダウンロード・ボタン
■ パワー・オーバー・イーサネットの設置ガイド
パワー・オーバー・イーサネットの設置ガイド PoE は、何年も前、ツイスト・ペア・ケーブルで電力とデータ通信を組み合わせるというアイデアから生まれました。
 PoE を使用すると AC コンセントを使用する必要がなくなり、コストと労力が削減されます。 PSE の容量と PD の要件を知っていると、配線システムの設置とトラブルシューティングがはるかに簡単になります。
ダウンロード・ボタン
■ ケーブル配線におけるバランス測定の重要性
ケーブル配線におけるバランス測定の重要性 バランス測定は、ネットワークが適切に動作することを確認するのに役立ちます。
 ツイスト・ペアの 2 つの導体のバランスは、ケーブルに注入されたノイズをキャンセルします。また、別の役割は、ケーブルからの信号漏れを防ぎます。この測定に合格すると、必要な PoE 電力と信号を確実に伝送できるようになります。
ダウンロード・ボタン
ケース・スタディ:
■ DSX-5000 とパッチコード・アダプターのケース・スタディ
DSX-5000  とパッチコード・アダプターのケース・スタディ  日本製線株式会社は国内の LAN ケーブルやパッチコードに関して大きなシェアを占めており、LAN ケーブルのみならず、需要が急増している細径パッチコードなどを提供している。
 そこで目に留まったのが、LAN 配線の認証試験の手順を迅速化することが可能な 「DSX-5000 CableAnalyzer だった.....
ダウンロード・ボタン
ブログ:
メタル配線関連

光ファイバー配線関連

■ 規格最新動向: 25GBase-T
規格最新動向: 25GBase-T  40GBASE-T (IEEE 802.3bq) の制定が開始されて以来、データセンター向け対撚り線配線は 40 Gb/s になるものと信じていました。
 しかし、2014 年の 11 月に、25GBASE-T を新たな規格として制定しようという呼びかけが行われ、わずか 4 カ月以内に作業部会が組織され、25GBASE-T の目的の決定と承認がされました。
ダウンロード・ボタン
■ 規格最新動向: ISO/IEC 14763-3 の現状
規格最新動向: ISO/IEC 14763-3 の現状 ISO/IEC 14763-3 の第 2 版は 2014 年に発行され、光ファイバー配線の検査・テストに使用されるシステムやその手順を指定し、構内配線におけるケーブルの敷設と運用をサポートします。
 規格は、変遷に応じ、また、顧客ニーズに適合することを意図して常に変更がなされています。そのため、十分な注意を払う必要があります。
ダウンロード・ボタン
■ 規格最新動向: ISO/IEC 11801 の現状
規格最新動向: ISO/IEC 11801 の現状 ISO/IEC 11801、情報技術 - 構内情報配線システムは全面的に見直されつつあります。前のバージョン、 第 2.2 版は 2011 年に発行されました。このバージョンで ISO/IEC 11801 は、1 つの包括的な文書としてまとめられていました。
 その後の規格の拡大により、規格は次の 6 つの部分に分けられました・・・
ダウンロード・ボタン
■ BIMMF テスト・コードと一般的なマンドレルの使用
BIMMF テスト・コードと一般的なマンドレルの使用  配線プラントの敷設、試験、認証を行うには、規格性能を満たすこと、アプリケーションを確実にサポートできることが重要です。
 熟練者でもやってしまう 「ちょっとした 判断ミス - シリーズ #8」 - BIMMF (曲げ不感マルチモード・ファイバー) テスト・コードと一般的なマンドレルの使用 - について見てみましょう。
ダウンロード・ボタン
■ TR-42.7 分科委員会と IEEE の共同の取り組み
TR-42.7 分科委員会と IEEE の共同の取り組み  IEEE 規格がスピードと PoE 供給電力に対する需要に応える中、TIA も先例に倣って IEEE とともに協力し、アプリケーションをケーブル配線インフラが十分にサポートできるように.取り組まなければなりません。
 分科委員会での最新かつ重要な標準化活動、IEEE の規格策定にどのように関 係しているのか見ていきましょう。
ダウンロード・ボタン
■ 規格最新情報:400 ギガへの道のり
規格最新情報:400 ギガへの道のり 光ファイバー配線の能力は、伝送距離についてさらなる拡張に加え、スピードにおいても 40 および 100 ギガに達するという素晴らしい進展を見せています。
 また、光ファイバー損失要件が厳しくなる一方で、少ない本数で帯域を増やし伝送能力を高めるという取り組みが 400 ギガへのロードマップに従って前進しています。
ダウンロード・ボタン
■ 高密度実装光ファイバー配線を照らし出す端面検査スコープ
高密度実装光ファイバー配線を照らし出す端面検査スコープ SANs (storage area networks) にアップリンクされる機器の増加とそれら機器とスイッチ間の広帯域の拡大によってデータセンターに実装される光ファイバー量は著しく増加しています。
 機器に要求される 1 次および 2 次光ファイバー接続を必要とする冗長化需要があることも、増大の要因であることは言うまでもありません。
ダウンロード・ボタン
■ 損失測定の不確実性 - 改定版
損失測定の不確実性 - 改定版 光損失測定セット (OLTS) を使用して損失測定を行い、合格になった場合、マージンが示されますが、どの程度のマージンが許容されるのだろうか、ということついて考えたことはおありでしょうか。
  損失測定について、リミット値に対してマージンが小さな場合、予測される損失測定の不確実性が重要になります。
ダウンロード・ボタン
■ ジャケットは耐水性? DSX-5000 を使用した敷設ケーブルのトラブルシューティング
ジャケットは耐水性? DSX-5000 を使用した敷設ケーブルのトラブルシューティング お客様が「どうも DSX が壊れたらしい」お尋ねすると、「前に合格だったリンクが不合格になっているから」と返事が返ってきます。
 この問題の原因は一体何なのでしょうか?そこで詳細なテスト結果を見るため、flw ファイルを送っていただきます。これは、トラブルシューティングでいつも行われる最初のステップです。
ダウンロード・ボタン
■ シールドの完全性
シールドの完全性 100BASE-TX が全盛の時代、シールド付きケーブルの利点はないように思われていましたが、データレートや周波数が増加し、ケーブル間の干渉が問題になりました。
 Cat 8 ケーブルは、エイリアン・クロストーク問題に対処できないため、すべてシールド付きになっており、シールドを適切に成端することが必須になります。
ダウンロード・ボタン
■ 話題の LP とは?
話題の LP とは? PoE (パワー・オーバー・イーサネット)向けの LP 認証ケーブルを耳にし、PoE 環境にこのケーブルが必要かどうか知りたいと思っていませんか?
 この新しい UL 認証規格と 2017 National Electric Code (米国電気工事規定) との関係、そしてテストしなければならない理由について詳しく見ていきましょう。
ダウンロード・ボタン
■ MPO コネクター付きのケーブルのテスト
MPO コネクター付きのケーブルのテスト 光ファイバー・ケーブルに関連する多様な規格が存在しているにもかかわらず、MPO コネクターで成端された光ファイバー配線の試験用の規格が発表されていないことに驚かれる方もいることでしょう。
 筆者により、技術報告書 (TR) が 2017 年 6 月に発表予定です。このガイダンスは TR/IEC 61282-15 と呼ばれます。
ダウンロード・ボタン
■ 40 Gig デュプレックス・マルチモード・アプリケーションについて
40 Gig デュプレックス・マルチモード・アプリケーションについて 波長分割多重方式 (WDM) をサポートするための 840 ~ 953 nm 波長を規定する OM5 ワイドバンド・マルチモード・ファイバー (WBMMF) が規格で認められたため、40 Gig を実現するソリューションが話題になっています。
 本ブログでは、規格に基づかないいくつかの方法についてもその概要について触れています。
ダウンロード・ボタン
■ 光ファイバーの西部開拓時代 - 制約のない世界
光ファイバーの西部開拓時代 - 制約のない世界 40 Gig アプリケーションはスイッチ間の光ファイバー・リンクをコスト効率よく広帯域化する方法の 1 つです。
 光ファイバーには標準化された方法がなく、ある意味では西部開拓時代に似ています。光ファイバーの導入には手つかずの領域があることは確かであり、多くの場合、いわば不法(すなわち不適合)と言えます。
ダウンロード・ボタン
■ 光ファイバー:バックボーン以外での利用
光ファイバー:バックボーン以外での利用 最近、メタル線を使った水平構内配線の代わりに、パッシブ・オプティカル LAN (POL) が使用されています。これにより、バックボーンやデータセンター以外でも光ファイバーが使用され始め、水平配線の外でもテストする必要があります。
 本ブログでは、このパッシブ・オプティカル LAN についてご紹介します。
ダウンロード・ボタン
■ BIMMF による光ファイバー規格対応への賛否両論
BIMMF による光ファイバー規格対応への賛否両論 曲げ不感マルチモード光ファイバー (BIMMF) をテストコードに使用できない理由について質問されます。問題なのは、BIMMF 以外の「従来」の光ファイバーの調達が困難になっている中、状況に応じて既製製品を購入する必要があります。
 さらに、テストコードに BIMMF 以外の使用を義務付ける IEC 規格の変更も要求されています。
ダウンロード・ボタン
■ OM5 の現状と規格化動向についての最新情報
OM5 の現状と規格化動向についての最新情報 何かと話題になった OM5 は、ついに明確に規格化されました。簡単に言えば、953 nm 帯域特性が追加された OM4 光ファイバーです。もちろん、それだけではありません。
 本ブログでは、OM5 について OM3/OM4 との違いや新しい通信方式である SWDM などについてご紹介します。
ダウンロード・ボタン
■ 500 万件以上のテスト結果がクラウドにアップロード!
500 万件以上のテスト結果がクラウドにアップロード! 世界中の敷設業者、ネットワーク管理者の皆様に Versiv 製品をご利用いただき、500 万件以上のテスト結果が LinkWare Live クラウド・サービスにアップされ、毎月 30 万件以上のテスト結果がアップされています。
 この事から、多くの方がクラウド・サービスとコネクテッド・テクノロジーを活用しています。
ダウンロード・ボタン
■ データセンターの主流であり続ける RJ-45
データセンターの主流であり続ける RJ-45 メタル・ケーブルは、データセンター・インフラの基盤です。今日のサーバーでは、RJ-45 タイプが最も多く使用されており、毎年 10 億近く販売されています。
 昔から広く使用されているRJ-45 の特長は、25 Gbps および 40 Gbps の Cat 8 でも変わらず、一般的なコネクターとして使用され続けられるものと考えられます。
ダウンロード・ボタン
■ 2 または 8 の倍数の芯線数を持つ将来の光ファイバー
2 または 8 の倍数の芯線数を持つ将来の光ファイバー 8 芯 MPO は、ギガ (40GBASE-SR4) や 100 ギガ (100GBASE-SR4) アプリケーションに最適です。
 将来の光ファイバー・アプリケーションにおいて、8 芯 MPO が最も有用であると考えられます。将来の光ファイバー・アプリケーションの芯線数は、12 ではなく、2 または 8 の倍数であるためです。
ダウンロード・ボタン
■ 光源とパワー・メーターを使用した双方向試験について
光源とパワー・メーターを使用した双方向試験について ISO/IEC 14763-3 光ファイバー配線テストの 2014 年版では、パーマネント・リンクに対する単方向試験を必須条件として記載しています。特定のケースでは、双方向試験も必要になります。
 しかし、ISO/IEC 14763-3 では、双方向試験のやり方について情報を提供していません。本記事では、その方法を説明します。
ダウンロード・ボタン
■ OTDR 測定時のカーソル配置について
OTDR 測定時のカーソル配置について OTDR を使用してパーマネント・リンクをテストおよび特性を観察する際には、コネクター減衰量と光損失の測定が必要です。これには、ランチ・コードとテイル・コードが必要です。
 OTDR テストでは、測定エラーに繋がる可能性があるため、カーソルの配置に注意する必要があります。本記事は、図を交えながら解説します。
ダウンロード・ボタン
■ 試験方法と構内情報配線規格 - ハーモナイゼーション
試験方法と構内情報配線規格 - ハーモナイゼーション 規格の会議に参加者であれば、「ハーモナイゼーション」という言葉を頻繁に聞いたことがあるかもしれません。この考えは、究極の目標のようなもので、異なる団体からの規格を合意一致させることです。
 本記事は、TIA、IEC、および ISO/IEC の規格化団体が発行している構内配線と試験規格について取り上げます。
ダウンロード・ボタン
■ MPTL:今日のコンバージド・インフラのための試験手順
MPTL:今日のコンバージド・インフラのための試験手順 モノのインターネット (IoT) とセンサー技術の発展により、多くの IP 対応デバイスがメタル配線インフラに接続されています。LED ライト、防犯カメラ、ビル自動化制御や Wi-Fi アクセス・ポイントは、 RJ45 ポートを備えています。
 これらのデバイスを接続する際、4 コネクター・チャネルを使用しない場合があります。
ダウンロード・ボタン
■ ケーブル・テスターを使ってカテゴリー 8 配線システムのどこをテストすればよいのか?
ケーブル・テスターを使ってカテゴリー 8 配線システムのどこをテストすればよいのか? TIA TR-42.7 分科会によってカテゴリー8 配線が承認されました。またDSX-8000 が Cat 8 フィールド試験の性能要件を満たすことを独立認証機関によって検証・推奨された最初のフィールド試験テスターであることもご存知かと思います。
 Cat 8 配線試験が、どこにおいて、なぜ、試験をする必要があるのかご存知でしょうか?
ダウンロード・ボタン
■ データセンター規格およびガイドライン
データセンター規格およびガイドライン データセンター向け業界規格は、ケーブル配線インフラの最小要件のほか、スペース・プランニング、セキュリティ、安全性、防火、電気的および機械的要因などの設備仕様も規定しています。
 データセンター規格を補完する目的で、データセンターの可用性と効率性の確保に役立つガイドラインもいくつか策定されています。
ダウンロード・ボタン
■ ハイパースケール・データセンターの光ファイバー試験の結果管理
ハイパースケール・データセンターの光ファイバー試験の結果管理 世界のハイパースケール・データセンターの半数は米国拠点の企業 (Amazon、Google、Microsoft、Facebook、Ebay および Twitter) によって所有されています。2018 年末までには、100 棟が新たに稼動することが予測されます。
 これらの存在がなければ、IEEE が 400 ギガの導入に取り組むことはなかったかもしれません。
ダウンロード・ボタン
■ 光ファイバー端面の形状が重要な理由
光ファイバー端面の形状が重要な理由 光ファイバー・コネクター端面の汚れは、損失と反射を引き起こすため、端面を清掃して検査する必要があります。
 端面を適切に清掃して汚れを検査し、FI-7000 FiberInspector Pro でテストしても、コネクターが合格レベルに達しないとしたらどうでしょうか?この場合、端面がパラメータを満たしていない可能性があります。
ダウンロード・ボタン
■ 101 シリーズ: 損失バジェットの算出方法
101 シリーズ: 損失バジェットの算出方法 光ファイバー配線の損失バジェット性能を守ることは、同等に企業収益に大きな影響を及ぼします。ネットワークのダウンタイムを回避することで、企業の甚大な損失を防ぐことができます。
 損失バジェットはどのように定義されるのでしょうか、また確実にバジェット内に収めるためにはどうすればよいのでしょうか?
ダウンロード・ボタン
■ Fiber to the Desk 向けのスマート・テスト
Fiber to the Desk 向けのスマート・テスト これまで FTTD ( Fiber to the Desk ) アプリケーションは、他の FTTX アプリケーションと同列に扱われてきました。
 しかし、屋外配線と見なされるアプリケーションとは異なり、FTTD は屋内アプリケーションであることを認識しておく必要があります。そして、それが展開された時に備え、最適なテスト方法を知っておくべきです。
ダウンロード・ボタン
■ 2018 年 - まさに真っただ中の IoT
2018 年 - まさに真っただ中の IoT この時期はどの業界も過去 1 年を振り返り、2018 年がどんな年になるかを予測するものです。2018 年はモノのインターネット革命の真っ只中の年になるだろうということです。
 予測によると、医療関係、小売、産業分野において IoT を活用する企業がさらに増えることで、安定した成長が見込まれます。
ダウンロード・ボタン
■ 今の配線でも 2.5/5GBASE-T をサポートできる?
今の配線でも 2.5/5GBASE-T をサポートできる? NBASE-T に適合する IEEE 802.3bz は、100 m の Cat 5e ケーブルで 2.5 Gbps、100 m の Cat 6 ケーブルで 5 Gbps を規定しています。
 2.5/5GBASE-T は、主に 802.11ac Wi-Fi 機器に対応するために導入されました。市場では対応機器が販売され、企業はアップグレードせずに高速 Wi-Fi の利点を活用しようと考えています。
ダウンロード・ボタン
■ 101 シリーズ: 12 芯 MPO 光ファイバーの極性
101 シリーズ: 12 芯 MPO 光ファイバーの極性 光ファイバー・ケーブルでデータを正常に送信するには、一端のリンクの送信信号 (Tx) がもう一端の受信側 (Rx) と正しく一致することが必要です。
 特に並列光アプリケーションで使用される MPO ソリューションに関して、光ファイバーの極性は業界で多くの混乱を引き起こしています。
ダウンロード・ボタン
■ BICSI カンファレンス 2018:多くあった質問 トップ 3
BICSI カンファレンス 2018:多くあった質問 トップ 3 展示会では、テストに関するエンド・ユーザー、設計者、技術者の関心事項を知ることができます。今年の BICSI Winter Conference でも同様です。
 フロリダ州オーランドで開かれた展示会にはさまざまな形で多くの方にご参加いただきました。そこで弊社の専門家が多く受けた質問について紹介したいと思います。
ダウンロード・ボタン
■ PoE の次なる大きな一歩
PoE の次なる大きな一歩 高電力レベルの PoE が業界で大きな話題になっています。タイプ 3 およびタイプ 4 を含む PoE の 802.3bt 規格が来年初めに承認される見通しとなっております。
 AC 電源接続を必要としない PoE 対応デバイスが今後ますます増加することが予測されます。
 まさに PoE コンピューティングへと進んでいます。
ダウンロード・ボタン
■ 校正の重要性
校正の重要性 ダッシュボードのエンジン・ランプが点灯してもしばらく運転する人がいますが、同様に、校正期限が近い事の案内メールや LinkWare・Live からの通知が届いても、テスターの校正を先延ばしにする人がいます。
 校正が本当に必要なのか、あるいは少しくらい遅れても良いのではと思っている方もいらっしゃると思います。
ダウンロード・ボタン
■ RJ45 の名称の由来とその歴史
RJ45 の名称の由来とその歴史 業界では、メタル線ツイスト・ペア・ケーブルのイーサネットに設置される 8 極 8 芯 (8P8C) モジュラー式インターフェースを「RJ45」と呼んでいますが、本来は誤用とされます。
 RJ45 の名前が定着し、今日まで事実上の標準インターフェースとして使用されてきた経緯について、詳しく見ていきたいと思います。
ダウンロード・ボタン
■ 101 シリーズ:LED と VCSEL
101 シリーズ:LED と VCSEL 高速光ファイバー・ネットワークでは、850nm 垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)が使用されているため、損失試験に LED 光源が使われる理由について疑問に思うのはないでしょうか。
 この疑問を解消するために、2 つの光源の違いについての説明と、なぜ光ファイバーのテストに LED 光源を使用するのかを解説します。
ダウンロード・ボタン
■ 2 コード基準法を使用できない理由
2 コード基準法を使用できない理由 TIA および ISO 規格では、損失測定の基準値の設定に 1 コード法の使用を推奨しています。1 コード法は、一端を光源に、反対側をパワー・メーターに接続し、基準値を設定します。
 推奨される理由は、1 コード法は測定の不確実性を最小限に抑え、被測定配線のコネクターと光ファイバー両方を測定できるためです。
ダウンロード・ボタン
■ 4 対 PoE へのアップグレードのための必須知識
4 対 PoE へのアップグレードのための必須知識 VoIP 電話やセキュリティ・カメラなどに電力を供給するために、PoE に対応したケーブル配線が展開されています。
 現在は、最新の 802.11ac Wi-Fi アクセス・ポイントやデジタル表示、そしてデスクトップ PC も高電力レベルの PoE を活用可能となり、これらの機器に電力を供給できる 4 ペア PoE を求め始めています。
ダウンロード・ボタン
■ 高評価された工具ほど作業効率を上げる!
高評価された工具ほど作業効率を上げる! DSX ケーブルアナライザーを使うと、メタル配線システムの認証試験を効率的に行えることはブログの中でも説明してきましたが、音声/ビデオ/データにおいても、現場作業者にとって適切なメタル配線敷設ツールが必要になります。
 当社のメタル線敷設ツールは、Amazon.com でトップ 5 に評価されています。
ダウンロード・ボタン
■ 電源ノイズの排除で作業を効率化!
電源ノイズの排除で作業を効率化! ANSI/TIA-606-B 規格に基づいたラベル付けが推奨されていますが、現実には、ラベル付けされていなかったりすることがあります。また配線リンクが再構成されることもあります。
 配線経路を追ったり、数百本もある中から特定のケーブルの片端を見つけたりする必要がある場合は、トーナーとプローブが必要になります。
ダウンロード・ボタン
■ 101 シリーズ:規格には 0.75 dB と記載されている!
101 シリーズ:規格には 0.75 dB と記載されている! 挿入損失とは、ケーブルの長さやコネクター、スプライス、スプリッターの存在によってチャネル内に生じる信号の減衰であることはよくご存知のことと思います。
 損失バジェットを推定するに当り、規格で規定されている範囲内にあるかどうかを確認するのに、すべての損失を足し合わせる必要があることもお分かりと思います。
ダウンロード・ボタン
■ 101 シリーズ:モード帯域とは?
101 シリーズ:モード帯域とは? 「帯域幅」と聞くと、光ファイバー・リンクを通してどれだけのデータを送信できるかを考えます。しかし、仕様に記載されているのは、モード帯域または実効モード帯域 (EMB) です。
 これは、特定の光ファイバーが特定の波長でどれだけデータを送信できるかを示すもので、モード遅延時間差と呼ばれる別の特性に依存します。
ダウンロード・ボタン
■ 細径 (28 AWG) パッチ・コード
細径 (28 AWG) パッチ・コード 空気の流れを改善し、密集した場所でケーブル管理を行うために、複数のメーカーが、省スペースで小さな曲げ半径の細径 28 AWG パッチ・コードを発売しています。
 これらは、構内配線に 22 AWG~ 26 AWG ケーブルの使用を義務付けた ANSI/TIA 配線規格において、当初認められていなかったため、業界で議論を呼びました。
ダウンロード・ボタン
■ TIA が ANSI-TIA568.2-D で MPTL を承認!
TIA が ANSI-TIA568.2-D で MPTL を承認! 一端が RJ-45 プラグで成端され、機器に直接接続された水平配線は、モジュラー・プラグ成端リンク (MPTL) と呼ばれます。
 MPTL は、アウトレットや機器コードの使用が困難または安全でないと考えられる状況における機器の接続方法の選択肢として、ANSI-TIA568.2-D に取り入れられ最近承認されました。
ダウンロード・ボタン
■ ANSI/TIA 568.2-D が承認されました!
ANSI/TIA 568.2-D が承認されました! 平衡ツイスト・ペア・ケーブル・システム用の最新の TIA 規格、TIA 568.2-D が 2018 年 6 月の TR-42.7 会議で承認されました。これは、TIA-568-C.2 に代わる新規格で、今後数週間で発行される予定です。
 1 年以上、この規格で規定される変更について取り上げてきましたが、今回の承認についてまとめてみたいと思います。
ダウンロード・ボタン
■ 試験コードの検証時に「損失がプラス」になる理由
試験コードの検証時に「損失がプラス」になる理由 試験基準コードの検証は簡単だと思われていますが、そうでないこともあります。
 基準値設定手順に従ってパワー・メーターを 0 dB に設定すると、嵌合コネクター・ペアの損失は、シングルモードの場合、0.2 dB 未満になることが予測されます。損失がマイナスではない 状況を分析してみましょう。
ダウンロード・ボタン
■ Versiv がバージョン 5.6 にアップグレード
Versiv がバージョン 5.6 にアップグレード バージョン 5.6 をダウンロードして、Versiv テスターで最新技術をご活用ください。
 最新バージョンを使用すると、PoE に対応したケーブルのテストを今までよりも簡単に行うことができ、IEEE 802.3bt 規格にも対応できます。この PoE 新規格はスイッチ・ポートで最大 90 W の給電が可能です (受電機器で 71 W) 。
ダウンロード・ボタン
■ 完璧な AV システム 構築をサポート:メタル配線認証テスターを使った性能保証
完璧な AV システム 構築をサポート:メタル配線認証テスターを使った性能保証 ビデオ会議やデジタル・サイネージなどの AV システムに対応した配線システムの展開が求められています。
 多くは、HDBaseT または IP ベースのビデオ伝送を使用し、ビデオ信号と同時に同じケーブルで電力をディスプレイに供給できるようになりました。これら配線システムのテスト方法を理解する必要があります。
ダウンロード・ボタン
■ すでに加速しつつある 200 & 400 ギガへの道
すでに加速しつつある 200 & 400 ギガへの道 ビッグ・データに対する需要増加により、高速化が求められています。10 ギガ、40 ギガ、100 ギガ へと高速化が進んでいます。
 2014 年、わずか 8 本のファイバーで 100 ギガの達成が可能になりました (100GBASE-SR4) 。2017 年後半に IEEE は、200 ギガおよび 400 ギガの 802.3bs 規格を正式に承認しました。
ダウンロード・ボタン
■ 新製品 OptiFiber Pro HDR OTDR - 高ダイナミック・レンジ OTDR の新機能
新製品 OptiFiber Pro HDR OTDR - 高ダイナミック・レンジ OTDR の新機能 OptiFiber® Pro 高ダイナミック・レンジ OTDR は、FTTx、PON、データセンター、構内配線など、さまざまなアプリケーションに対応できます。
 効率的なインターフェースによりメタルおよび光ファイバー配線試験、認証、保守にかかるコストを 65 % 削減でき、屋外通信設備でも節約効果が期待されています。
ダウンロード・ボタン
■ 101 シリーズ: スプライスすべきか、すべきでないか
101 シリーズ: スプライスすべきか、すべきでないか スプライスとは、2 本のファイバーを正確に切断し、融着接続機で位置合わせして接続する方法です。 基本的にアーク放電により融着します。
 融着接続になじみのない方、あるいは融着がなぜ選ばれるのか単に疑問に思われる方であっても、用途に着目し、合理的な方法である事例とその主要な考慮事項は、有益なことと考えます。
ダウンロード・ボタン
■ 101 シリーズ: APC コネクターとそのテスト方法
101 シリーズ: APC コネクターとそのテスト方法 シングルモード・ファイバーのコネクターは青色ですが、PON、キャリア・ネットワーク、または大規模なデータセンターでは、コネクター本体に緑色が使われていることがあります。
 青色コネクターの端面は UPC、緑色コネクターの端面は APC です。テストする際は、色の違いを理解しておく必要があります。
ダウンロード・ボタン
■ 同軸ケーブル - テストの必要性とその方法
同軸ケーブル - テストの必要性とその方法 カテゴリー 6、6A、8 などのメタル配線がよく話題になります。これらは、音声、データ、ビデオをすべてイーサネットで伝送できるため、幅広く展開されています。
 長い間、データや音声信号の配信には同軸ケーブル配線が使われてきており、伝送速度 Gb/s の 10BASE2 および 10BASE5 をサポートする最初のディアでした。
ダウンロード・ボタン
■ カテゴリー 7 ケーブルに何が起こったか
カテゴリー 7 ケーブルに何が起こったか 「What ever happened to Category 7 (カテゴリー 7 に何が起こったか)」と検索すると、「the end of the world(壊滅暴風圏)」というテレビ映画が見つかります。カテゴリー 7 ケーブルは検索でヒットするほど広く普及していないようです。
 実際にカテゴリー 7 に何が起こったか思い出をたどってみましょう。
ダウンロード・ボタン
■ ワイヤー・マップ試験:色がすべてではない
ワイヤー・マップ試験:色がすべてではない ワイヤー・マップ試験は、最も基本的なテストのため、あまり重要ではないと思われがちですが、実は最も重要なテストの一つなのです。
 しかし、青、橙、緑、青のペア・カラーは、ワイヤー・マップ試験に合格するのに役立つかもしれませんが、試験自体は色そのものによって関与されることは全くありません。
ダウンロード・ボタン
■ データ・センターでのテスト空間
データ・センターでのテスト空間 データ・センターのどのエリアをテストするかによって、使われているアプリケーション、ケーブル配線、接続は異なります。各エリアで必要なテストを理解することで、テストを適切に行うことができます。
 各種の業界規格では、設置される機器を定義するデータ・センターの各機能エリアについて説明しています。
ダウンロード・ボタン
■ どんなルールにもある例外
どんなルールにもある例外 審判が、内野フライのバッターを、捕球していないのにアウトにしました。「ルールと違う」と思うかもしれませんが、ノーアウトかワンアウトでランナーが一塁と二塁にいて、内野手が捕球できると審判が判断すれば「インフィールド・フライ」と見なされ、アウトになります。
 配線敷設の「ルール」にも例外があります。
ダウンロード・ボタン
■ 産業用イーサネットの現状
産業用イーサネットの現状 産業用イーサネットは、専用の配線設備を複数必要とする Fieldbus プロトコルを市場シェアで抜きました。
 産業用イーサネットは、特殊なプロトコルを使用して、情報を正確に送受信します。これらのプロトコル、および産業用イーサネット・ネットワークと商用イーサネット LAN 環境との違いについて詳しく説明します。
ダウンロード・ボタン
■ 規定の長さを超える配線
規定の長さを超える配線 以前に掲載したケーブル配線クロニクルのブログ [どんなルールにもある例外] で、100 m チャネル長ルールの例外について、温度の上昇、径の大きさ、挿入損失、直流抵抗を考慮して最大長を決定しなければならないことを説明しました。
 しかし、実は 100 m を超える配線も可能なのです。その例を見ていきましょう。
ダウンロード・ボタン
■ 損失や反射率は正数で表す? 負数で表す?
損失や反射率は正数で表す? 負数で表す? 挿入損失は信号の損失です。リターン・ロスは、反射され、信号源に戻る光の量を測定したものです。共に、dBで表示され、必ず正数です。反射率も反射を測定したものですが負の数値になります。
 これらの正数、負数、高い、低い dB 結果は、業界の経験豊富な専門家の間にも混乱 (意見の相違) を生じさせています。
ダウンロード・ボタン
■ 光ファイバー・コネクターについて
光ファイバー・コネクターについて 光ファイバー・コネクターのプラグには、ファイバーとアダプターを固定するための突き出したフェルールが付いています。これを使い位置合わせと篏合を行い、接続点を形成します。
 初期のフェルールは金属や硬質プラスチック製でした。 セラミックス製の登場で、高精度の位置合せが可能となり、挿入損失が低減しました。
ダウンロード・ボタン
■ PoE に Type 3 と Type 4 が登場!
PoE に Type 3 と Type 4 が登場! IEEE 802.3bt 規格のタイプ 3 とタイプ 4 PoE がついに承認されました! これらの高電力 PoE については以前から取り上げてきましたが、ついに規格として承認されました。
 この機会に、PoE のタイプ、クラス、認証について明確にし、当社の専門分野であるテストについて再度確認しておきたいと思います。
ダウンロード・ボタン
■ ケーブルを束にするか否か
ケーブルを束にするか否か PoE とケーブル・プラントへの影響について、リモート・デバイスに給電するケーブル束内の温度上昇、挿入損失や劣化の原因となり、伝送に影響を与えます。
 一方、PoE やケーブル束内の温度上昇について話題になっていても、未だに束にするか、束にしないでおくか、定まらない方もいるでしょう。答えは簡単です。
ダウンロード・ボタン
■ うわべだけの美しさはいらない
うわべだけの美しさはいらない 天井が露出したケーブル・トレイや、ラック、キャビネット内の中できれいに並べられたケーブルは、見た目は良いですが、パフォーマンスとなると必ずしもベストであるとは限りません。
 しかし、データがいかに正しく伝送されるかではなくケーブルの見た目を重視するお客様に対して、これを説明するのが困難な場合があります。
ダウンロード・ボタン
■ ケーブル問題の原因
ケーブル問題の原因 障害原因には、不適切な敷設、粗悪な部材 (ケーブル、コネクター、パッチ・コードなど)、敷設ケーブルの損傷、テスターの誤った設定などがあります。技術者は、リンク不合格の理由を正確に把握しなければならないことがあります。
 不合格になった性能パラメーターに基づいて、原因を考察できます。詳しく見ていきましょう。
ダウンロード・ボタン
■ シングルモード・ファイバー利用拡大への対応
シングルモード・ファイバー利用拡大への対応 データ・センターでは、100GBASE-DR、200GBASE-DR4 および 400GBASE-DR4 などの短距離アプリケーションでシングルモード・ファイバーを使って、200 ギガ以上に対応できるよう準備を始めています。
 このため、これらのシステムで高速化を実現するための要件をできるだけ早く理解しておく必要があります。
ダウンロード・ボタン
■ 企業向けシングル・ペアー・イーサネット対応への準備!
企業向けシングル・ペアー・イーサネット対応への準備! シングル・ペアー・イーサネットと新しい 2 つの 10 Mb/s イーサネット規格が話題になっています。10BASE-T 通信速度が今日の LAN で使用されることはほとんどありません。
 しかし、最新の 10 Mb/s アプリケーションでは、低速度、低帯域幅の様々な IoT 機器を新しい方法で使用できる可能性があります。
ダウンロード・ボタン
■ カテゴリー 6A - これからの明るい未来
カテゴリー 6A - これからの明るい未来 皆、カテゴリー 6A が 10 ギガをサポートする最高性能のツイスト・ペア・ケーブルで、10 年以上前から存在していることを知っています。
 従って、カテゴリー 6 ケーブルが、未だに全世界での販売を独占しているのに驚くかもしれません。 減少はしていますが、カテゴリー 5e も、市場で大きなシェアを維持しています。
ダウンロード・ボタン
■ (+ All) とは?どんな場合に選択すれば良いのでしょうか。
(+ All) とは?どんな場合に選択すれば良いのでしょうか。 配線試験には、挿入損失、NEXT、PSNEXT、ACR-N、PSACR-N、ACR-F、PSACR-F、リターン・ロスなど、業界規格のリンク認証をするために重要なテスト項目があります。
 DSX CableAnalyzer? シリーズのテスト・リミット画面で後ろに (+ All) という表示が付いていることに気付いたことはありますか。
ダウンロード・ボタン
■ ほこりでドアを閉める
ほこりでドアを閉める 光ファイバー端面の清浄度について、どんなに繰り返し触れても、端面の汚れは、いまだに障害の最大の原因です。
 ダスト・キャップはホコリの収集器にすぎないという事を聞かれたことがあるかと思います。 世の中の多くのメーカーがそのことを認識し、シャッター付きの光ファイバー・コネクターを提供しています。
ダウンロード・ボタン
■ Wi-Fi 6 時代の到来!何を試験すれば?
Wi-Fi 6 時代の到来!何を試験すれば? IEEE は、Wi-Fi 6として知られている高効率無線 (HEW) LAN 規格 802.11w Enhancements を発表しました。このアプリケーションは、1.2 Gb/s で送信する 8 つの空間ストリームを使用して、高速な 10 Gig 近くの伝送を実現します。
 Wi-Fi 6 機器が出回るようになった今、何をテストする必要があるのか見てみましょう。
ダウンロード・ボタン
■ 産業用イーサネットで犯しがちな 10 のポイント
産業用イーサネットで犯しがちな 10 のポイント プロセスやプラント・エンジニア、技術者、電気技師などのさまざまな職業で、産業用イーサネットを含む幅広い分野の専門知識が必要とされています。
 すべての人が、ネットワーク技術に精通しているわけではないため、問題が発生します。産業用イーサネットで直面する可能性のある大きな問題を 10 通り挙げます。
ダウンロード・ボタン
■ 新しい高密度光ファイバー・コネクター登場に伴う Tier 1 テストの課題
新しい高密度光ファイバー・コネクター登場に伴う Tier 1 テストの課題 最近、密度化に対応する 2 つの新しい光ファイバー・コネクターが発売されました。ただし、対応したインターフェースを持つテスト機器がまだ存在しません。
 Tier 1 試験を実施する上で問題となるため、1 ジャンパー基準法から切り替える必要があります。 これらのコネクターとテスト方法について詳しく見ていきましょう。
ダウンロード・ボタン
■ チャンネル、パーマネント・リンク、パッチ・コード、MPTL、E2E ... えっ、こんなに!
チャンネル、パーマネント・リンク、パッチ・コード、MPTL、E2E ... えっ、こんなに!  ANSI-TIA 568.2-D 規格にモジュラー・プラグ終端リンク (MPTL) 構成が追加され、さらにエンド・ツー・エンド (E2E) 構成が ISO / IEC 規格 (そして、おそらく TIA も同様に) で注目を集めつつあります。
 あなたはその選択に戸惑い、何をいつテストしてよいのか疑問に思うかもしれません。 詳しく見てみましょう。
ダウンロード・ボタン
■ MPO 配線システムの極性の混乱を回避!
MPO 配線システムの極性の混乱を回避! 光ファイバー・リンクの送信側は、対抗側の受信側と一致しなければなりません。しかし、極性を判別し、接続性の一貫性を維持するのに色々な混乱が生じています。
 特に多芯光ファイバー MPO 接続では、片端の位置 1~ 12 の 12 本の光ファイバーが他端の対応する位置に接続されていなければなりません。
ダウンロード・ボタン
■ 101 シリーズ:NEXT と FEXT の違いを理解する
101 シリーズ:NEXT と FEXT の違いを理解する クロストークは、1 つのペアまたは 1つのチャネルで送信された信号が別のペアまたはチャネルに望ましくない影響を与える現象です。
 しかし、平衡度の保たれたメタル配線システムでテストの必要がある、近端と遠端のクロストーク・パラメーターの違いをご存知でしょうか?今回は、このトピックを、取り上げてみました。
ダウンロード・ボタン
■ テスト基準コード性能が測定結果におよぼす影響
テスト基準コード性能が測定結果におよぼす影響 Linkware Live レポートには、個々のリンクの挿入損失や長さのテスト結果のみならず、決して見落としてはならない情報である、テスト基準コード (TRC) 検証結果も含まれています。
 テスト・レポートの個々のリンクの結果に注目しがちですが、TRC の結果が良くない場合は、リンク全体が疑わしいものになります。
ダウンロード・ボタン
■ 帯域幅とデータ・レートの制約
帯域幅とデータ・レートの制約 帯域幅とデータ・レートという用語は、しばしば同じ意味で使用されますが、実際は全く異なります。
 インターネット・プロバイダーが 500 Mbps の帯域幅をうたっている場合、これはデータ・レートを意味します。ケーブルの世界では、帯域幅はケーブル特性です。つまり、信号を遠端まで伝送するケーブル能力です。
ダウンロード・ボタン
■ さまざまなプラグ、しかし試験は同じ
さまざまなプラグ、しかし試験は同じ コネクター・メーカーは、圧着型とモジュラー圧接 (IDC) 型の両方の現場成端プラグを提供しているところがあります。
 現場成端プラグの選択には、タイプ、大きさ、終端の簡易性、対応ケーブルの種類、メーカーの好み、特徴 (再成端機能、温度、RL 定格など) などの考慮事項があります。どのように影響するかを見ていきましょう。
ダウンロード・ボタン
インフォグラフィックス:
■ LinkWare Live - カスタム・ファイバー・リンク、何が問題なのか?
光ファイバー・リミット値のカスタム設定の実情
LinkWare Live - カスタム・ファイバー・リンク、何が問題なのか?
 施工業者は、認証プロセス中に生じる問題に 1,000 本の配線処理当たり、約 47 時間を費やしています。施工業者の 42 % が「リンクをテストするときに問題を報告している」と言っていることは別に驚きではありません。
 そのメリットが一目で実感できる図説を用意しました。
ダウンロード・ボタン
■ LinkWare Live - テスターが行方不明?
資産管理の実情
LinkWare Live - テスターが行方不明?  テスターの所在や状態を記録しておくことは、時間を要する作業です。テスターは、投資効果を上げるため、現場を度々移動します。頻繁になるほど所在の把握は、より困難になります。校正期限が切れていれば、顧客からのテスト結果の受け入れてもらえません。
 そのメリットが一目で実感できる図説を用意しました。
ダウンロード・ボタン
ナレッジベース:
■ OM1、OM2、OM3、OM4、OM5、および OS1、OS2 光ファイバー
OM1、OM2、OM3、OM4、OM5、および OS1、OS2 光ファイバー  TIA は、ISO/IEC 11801 国際規格で使われている光ファイバーの呼称を ANSI/TIA-568.3-D に採用しました。マルチモード光ファイバーには「OM」の頭文字、シングルモード光ファイバーには「OS」の頭文字を使用します。
 この新しい記号表記により、アプリケーションのサポート距離に伴う混乱が緩和されます。
ダウンロード・ボタン
■ CertiFiber Pro を使用した MPO (ピンあり) マルチモード・リンクの認証
CertiFiber Pro を使用した MPO (ピンあり) マルチモード・リンクの認証 この記事では、CertiFiber Pro 光損失測定試験セットを使った、MPOマルチモード・リンクを認証する方法を説明します。
 同じ手法が 8 芯 MPO リンクでも使用できます。この方法では、ファン・アウト・ケーブル (LC‐MPO) が使用されるため、装着する適切な極性を理解しておく必要があります。
ダウンロード・ボタン
■ DSX-5000 と DSX-8000 のモジュラー・プラグ成端リンク (MPTL) テスト・リミット
DSX-5000 と DSX-8000 のモジュラー・プラグ成端リンク (MPTL) テスト・リミット ANSI-TIA568.2-D 規格において、モジュラー・プラグ成端リンクと名付けられた新たなリンク・モデルです。
 以前は、水平ケーブルを通信アウトレットで成端して、柔軟なアクセス提供が要求されていました。しかし、特定のケースでは、デバイスに直接差し込むプラグで水平ケーブルを成端する必要が生じるかもしれません。
ダウンロード・ボタン
■ 「警告:アダプターは現在の基準値または選択した 規格と互換性がありません。」 が表示される理由
「警告:アダプターは現在の基準値または選択した 規格と互換性がありません。」 が表示される理由 この記事では、Versiv (DSX-5000 / DSX-8000) でオートテストを実行する際に表示される「警告」表示について説明します。
 警告が表示される理由としては、主に選択したテスト規格のタイプとメイン・ユニットおよびリモート・ユニットに接続されたアダプターの種類が一致していない場合に起こります。
ダウンロード・ボタン
■ ケース・スタディ 1 - マージナル NEXT パス が表示される理由
ケース・スタディ 1 - マージナル NEXT パス が表示される理由 ここでは、工事業者によって敷設された、カテゴリー 6A のパーマネント・リンクが認証試験時に期待される性能レベルを達成できていなかった事例を解説します。
 以前に敷設した時は、同じコネクターとケーブルを使用して 5.0 dB のマージンが得られていましたが、今は 0.3 dB と低いマージンになっていました。
ダウンロード・ボタン
■ クロスオーバー・ケーブルの試験
クロスオーバー・ケーブルの試験 TIA Cat 6 Perm Link" などの一般的なケーブル規格のいずれかを選択した場合、"アウトレットの構成" にクロスオーバーを選択することができないのが分かります。
 これは、一般的なケーブル規格では、同じ配線方式 (T568A または T568B) を使用して両端を終端することが要件となっているためです。
ダウンロード・ボタン
■ 同軸ケーブルのテスト方法
同軸ケーブルのテスト方法 Versiv で同軸ケーブルの認証試験をするには、オプションの DSX-COAX 同軸アダプター・セットと DSX-5000 または DSX-8000 を用いますが、測定開始に当たって事前に行うべき手順には…。
 本書では、 Versiv を使った同軸ケーブルの設定方法とよくあるご質問について解説します。
ダウンロード・ボタン
産業用イーサネット:
■ 産業用イーサネットの現状
産業用イーサネットの現状 産業用イーサネットは、専用の配線設備を複数必要とする Fieldbus プロトコルを市場シェアで抜きました。
 産業用イーサネットは、特殊なプロトコルを使用して、情報を正確に送受信します。これらのプロトコル、および産業用イーサネット・ネットワークと商用イーサネット LAN 環境との違いについて詳しく説明します。
ダウンロード・ボタン
■ 企業向けシングル・ペアー・イーサネット対応への準備!
企業向けシングル・ペアー・イーサネット対応への準備! シングル・ペアー・イーサネットと新しい 2 つの 10 Mb/s イーサネット規格が話題になっています。10BASE-T 通信速度が今日の LAN で使用されることはほとんどありません。
 しかし、最新の 10 Mb/s アプリケーションでは、低速度、低帯域幅の様々な IoT 機器を新しい方法で使用できる可能性があります。
ダウンロード・ボタン
■ 産業用イーサネット・メタル配線規格と試験
産業用イーサネット・メタル配線規格と試験 イーサネットの物理層に基づいた産業オートメーション技術は、コスト削減と相互接続の簡素化を実現する、今日最も急速に発達している技術です。しかし、工場現場は特殊なため、イーサネット環境は新たな課題に直面しています。
 正しい知識と適切なツールがあれば、この技術の利点を活用することができます。
ダウンロード・ボタン
■ 産業用イーサネットで犯しがちな 10 のポイント
産業用イーサネットで犯しがちな 10 のポイント プロセスやプラント・エンジニア、技術者、電気技師などのさまざまな職業で、産業用イーサネットを含む幅広い分野の専門知識が必要とされています。
 すべての人が、ネットワーク技術に精通しているわけではないため、問題が発生します。産業用イーサネットで直面する可能性のある大きな問題を 10 通り挙げます。
ダウンロード・ボタン