無題ドキュメント
光ファイバー配線測定の最新動向
 認証用光ファイバー・ケーブル・テスターを選択される前に備えておくべき礎知情報をご覧いただけます。
glay-line
1. 光ファイバー認証試験用テスターは、何を基準に選択すればよいのでしょう?
2. 敷設配線のユーザー引き渡しまでの認証試験テスターの役割は?
3. 認証プロセスの遅延の要因分析をしたいのだが、ヒントになるものは?

 

 1. 認証試験用テスターは、何を基準に選択すればよいのでしょう?   ヒントミニ情報
     

エンサークルド・フラックス の性能要件は、TIA-526-14-B および IEC 61280-1-4 の各規格に定義されています。

エンサークルド・フラックスの適合の目的は、計測の不確実性を削減し、その再現性させながら、損失測定の変動を ±10 % に削減することが目標です。これは、ケーブル・メーカーが保証として期待する基準です。

 

ホワイト・ペーパー
光ファイバー・エンサークルド・
フラックス・ラウンド・
ロビン・テスト

EF ラウンド・ロビン

 

認証プロセスは単なる試験の
実施だけではありません!
ホワイト・ペーパー
ケーブル敷設業界の現状についての
最新動向をご覧頂けます。

メタル配線ホワイトペーパー

 

インフォグラフィックス(図説)
ケーブル敷設業界の現状を図で
ご覧いただけます。

インフォグラフィックス

 

ガイドブック
光ファイバー配線の試験と
トラブルシューティング・ツール
選択ガイド

ファイバー選択ガイド

光ファイバー情報通信配線の試験と
トラブルシューティング・ガイド

光ファイバー・トラブルシューティング・ガイドブック

 

作業遅延の原因は?
次の表に入力すれば、
貴社での 1 カ月当たりの無駄時間と
コストが計算できます。

Versiv ROI

  "エンサークルド・フラックス規格対応の重要性"
  マルチモードの光ファイバー配線の測定では、特に 1 G 以上において、高速アプリケーションに対応する配線規格の損失に対する、余裕度がますます厳しくなっています。
  glay-line
  一般に知られているように、LED 光源では、マルチモード光ファイバー配線に光源から射出する状態や、実際に通信に寄与しないモードの光の影響によって、確度が損なわれたり、測定のばらつきが大きくなったります。これを排除するため、あらたに TIA および IEC 標準でエンサークルド・フラックス規格が制定されました。これによりマルチモードの光ファイバー配線の認証試験の測定結果のばらつきが従来の手法では ±40 % 以内であったところが、±10 % 以内に収まり、測定結果の再現性も高まりました。
  glay-line
 

従って、今後の高速通信に対応するためには、エンサークルド・フラックス対応の光ファイバー配線認証試験テスターを選択することが、極めて重要です。

 エンサークルド・フラックス・イメージ

  glay-line
 

"測定結果の合否判定とレポートが必須"
情報配線規格の中には、認証試験の合否判定とそれぞれの測定項目の値をリミット値に対する最悪マージンをレポートすることが規定されています。

また、ケーブル・テスターの種類、ケーブル・テストの種類 - 認証、検証、検査の違い、についての詳しい説明はこちらからお読みいただけます。

 2. 敷設配線のユーザー引き渡しまでの認証試験テスターの役割は?
   
  レポート提出に至るまでのすべての認証プロセスをサポートすることが重要!
   
  敷設工事業者の第一の目標は、現場作業を実施するにあたり、与えられた期間と予算内で、要求された品質と仕様を満たし、引き渡しが出来るように施工管理を行うことです。そして、それを効率よくサポートするのが認証用テスターの役割です!
  glay-line
  認証プロセスのどこに作業効率の向上と早期引き渡しをもたらす改善要因が潜んでいるのでしょうか?
   
  "認証プロセスの流れ"
一般には配線敷設工事は、「計画」、「セットアップ」、「試験」、「トラブルシューティング」、「レポート作成」、そして、「システムの検収・引き渡し」へと進みます。
 

認証プロセスの流れ

  glay-line
  "複雑さや間違いに直面するプロジェクト管理者"
   
  一般に、プロジェクト管理者は、複数の規格仕様に基づいた複数の工事現場を同時に、複数のプロジェクトを管理しながら、様々なスキルレベルの多数の作業者を管理しなければなりません。また、メタルと光ファイバーの複数のメディアの測定とトラブルシューティングを繰り返しながら、最終的に数多くの事現場から得られた複数台のテスターから得たデータを一つにまとめ、エンドユーザーに、認証試験結果のレポートを提出し、配線システムの最終引き渡しを行わなわなければなりません。
  glay-line
  "複雑さや間違いを解消し、敷設工事の早期完了をもたらすテスターとは?"
 

認証プロセスの試験時間短縮は、最新のテクノロジーの進展により、その限界に近づきつつあります。したがって、それ以外の作業の遅延やコストアップにつながる要因を探し、それを解消しなければ、配線システムの早期引き渡しは現実のものとなりません。

それには、試験時間の短縮化は、勿論のこと、プロジェクト管理者が直面する課題がもたらす、複雑性の増大からくる人為的な間違いを無くし、複雑な管理プロセスを簡素化してくれる、認証試験用ケーブル・テスターが、重要な役割を果たします。

 3. 認証プロセスの遅延の要因分析をしたいのだが、ヒントになるものは?
   
  ケーブル敷設事業者は、認証の問題に年間 $30,000 (USD) * 以上の損失が発生していると報告しています。どのような問題にいくらのコストがかかってるのでしょうか?
  glay-line
  敷設業者は、様々な問題処理に、平均して一ヶ月に 56 時間以上を無駄にしています*。これは、あるべき収益を無駄に捨てているのと同じことです。さて、貴社のチームでは先月、これらの問題に何時間を無駄にしましたか?貴社でのコスト要因分析がこちらから行えます。